読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の基礎理論

・情報量を表す接頭語

k(10^3)→M(10^6)→G(10^9)→T(10^12)

(キミガタイセツ)

 

・時間を表す接頭語

m(10^-3)→µ(10^-6)→n(10^-9)→p(10^-12)

(ミッキーナノ?ピ)

 

・10進数→N進数

(整数部)Nで割って下から余りを並べる

(小数部)Nでかけて順に整数部を並べる

 

・補数表現

1の補数→ビットを反転させる

2の補数→1の補数に1を加える

 

・固定小数点表示(2の補数表現)のnビットの表現範囲

ー2^(n-1)~2^(n-1)-1

 

・シフト演算

①論理シフト・・・符号を考慮しない掛け算と割り算

あふれたビットは捨て、空いたビットには0が入る

②算術左シフト・・・符号を考慮する掛け算

符号ビットはそのままで、あふれたビットは捨て、空いたビットには0が入る

算術右シフト・・・符号を考慮する割り算

符号ビットはそのままで、あふれたビットは捨て、空いたビットには符号と同じビットが入る

 

論理回路

f:id:sogao1994:20160324224451j:plain